福島大輔のジャンピング レッスン 第3章 アスリートジャンピングホースのトレーニング《上級編》 第4回 トレーニングの方向性が大きく異なるサラブレッドと中間種

  今回は上級者に向けて、わたしがこれまで海外でトレーニングしてきたこと、経験してきたことをふまえ、環境の違うヨーロッパのスタイルを取り入れるのではなく、日本特有の環境でどのようにしてアスリートホースをトレーニングしていくかについて説明します。     福島大輔氏フェイ…

Read More

福島大輔のジャンピング レッスン 第3章 アスリートジャンピングホースのトレーニング《上級編》 第3回 馬が障害を飛越するメカニズム

  今回は上級者に向けて、わたしがこれまで海外でトレーニングしてきたこと、経験してきたことをふまえ、環境の違うヨーロッパのスタイルを取り入れるのではなく、日本特有の環境でどのようにしてアスリートホースをトレーニングしていくかについて説明します。     福島大輔氏フェイ…

Read More

福島大輔のジャンピング レッスン 第3章 アスリートジャンピングホースのトレーニング《上級編》 第2回 方向性の選択 その2

  今回は上級者に向けて、わたしがこれまで海外でトレーニングしてきたこと、経験してきたことをふまえ、環境の違うヨーロッパのスタイルを取り入れるのではなく、日本特有の環境でどのようにしてアスリートホースをトレーニングしていくかについて説明します。     福島大輔氏フェイ…

Read More

福島大輔のジャンピング レッスン 第3章 アスリートジャンピングホースのトレーニング《上級編》 第1回 方向性の選択 その1

  今回は上級者に向けて、わたしがこれまで海外でトレーニングしてきたこと、経験してきたことをふまえ、環境の違うヨーロッパのスタイルを取り入れるのではなく、日本特有の環境でどのようにしてアスリートホースをトレーニングしていくかについて説明します。     福島大輔氏フェイ…

Read More

第7回【コンビネーションを含めたライントレーニング】- 前編

踏み切りを合わせる練習では、直線のラインで障害3歩前の距離感を意識して乗ることが大切です。自分の手足と同じように馬の歩幅を自由にコントロールできるようになれば、踏み切りはいつでも合うようになります。

Read More

第6回【単一障害のライントレーニング】3- 後編

障害飛越時の踏み切りは、自分から飛び込んでいくのではなく、踏み切りが自分に近づいてくるのを馬と一緒に待つような感覚です。ただしその時には、コンタクトとシートで前進気勢を待たせる状態をキープしておく必要があります。

Read More